入試情報

大学受験 入試の仕組み

初めに

 大学受験には色々な受験方法があります。一般入試、センター利用入試、推薦入試、公募制推薦入試、AO入試と色々あってわからないと思います。

 なので簡単ではありますが、それぞれの入試の特徴を国立、公立、私立大学、大学校と分けて説明したいと思います。

大学の種類

国立大学

 国立大学とは、ざっくりいうと国の政府によって運営又は設立されている大学になります。みなさんご存知の東大、京大はこの国立大学に分類します。

 国立大学は、国が運営しているため、学費がとても安く、大学によって少し差があると思いますが、大体、入学金30万円前後、学費が1年間50万前後で、4年間で学費が200万円ほどかかります。

公立大学

 あまり公立大学って聞いたことがない人が多いと思いますが、公立大学というのは、地方自治体などが運営する公立学校である大学です。

国立大学同様、学費が安く、大学によって差は多少ありますが、大体国立大学と同じぐらいだと思います。

私立大学

 個人の経営者が資金を出して設立し、運営している大学のことを言います。有名なのは早稲田大学や慶應義塾大学などです。

 

 学費は国公立大学よりも高く、学部ごとによって入学金、授業料共に変わります。

 私立大学文系学部、平均入学金は、約24万円前後、授業料(一年間)75万円前後×4年間+その他

 私立大学理系学部、大体入学金は、約26万円前後、授業料(一年間)105万円前後×4年間+その他

 私立大学医歯系学部、大体入学金は、約104万円前後、授業料(一年間)300万円前後×6年間+その他 

 かかります(*自分調べ)。特に私立大学医学部、歯学部の学費は他の学部の倍以上かかることがわかります。(私立大学の学費は、どこも違うため詳しいことは、自分で調べてみてください

大学校

 大学校とは、日本の大学とは異なる教育訓練施設等が用いる名称のことです。教育訓練とは、職業教育と職業訓練のことを言います。このことから、大学校は、現在または将来に渡って要求される能力を開発するための人材育成機関のことを言います。

 みなさんご存知なのは防衛大学校ではないでしょうか。防衛大学校とは、ざっくり言うと将来自衛隊になる方が行く大学です。

 防衛大学校と防衛医科大学校の場合、一般の大学と同様に入試試験があり、その試験に合格する必要がありますが、入校後は国家公務員として課業(業務)を務めるので、入学試験ではなく、正式名称は『採用試験』と呼ばれます。いわゆる国家公務員試験に相当します。
 

 学生が受ける講義や訓練は課業にあたるため学費は徴収されず、『学生手当』の名目で給与が支給されます。

他にも大学校というと海上保安大学校や気象大学校などが有名です。


大学入試の種類

 

 大学入試は色々な種類があるのでしっかり理解しておきましょう。

一般入試

 一般入試とは、学力一発勝負の受験です。資格などのテストと同じイメージです。そのテストだけで合否が決まります。

 大学入試というと一般入試が一番メインのテストになります。大学進学を希望する多くの人が、この一般入試を受けることになります。


私立大学の場合、マークシート形式のテストが主流で、文系学部だと英語、国語、地歴公民、理系学部だと英語、数学、理科が主な試験科目となります(例外あり)。


 国公立大学の場合、センター試験(2020年度から大学入学共通試験)を受け、二次試験で記述式形式のテストを受けます。(*後に説明)


二次試験は、私立大学と同様、文系学部だと、英語、国語、地歴公民、理系学部だと、英語、数学、理科が主な試験科目となります。

推薦入試

 推薦入試は、一般入試の前に行われる入試で、面接で人柄を見られたり、高校の時に勉強や部活、生徒会活動などを見られる入試になります。

 推薦入試には、大きく分けて『指定校推薦』と『公募制推薦』があります。どちらも高校からの推薦状がないと受験資格は得られません。

 国公立大学の場合、推薦入試は全て専願制で、他の国立大学と併願して推薦入試を受験することは不可能です。私立大学の場合、指定校推薦を除いて併願可能な学校はあります。 

 指定校推薦は私立大学で行われており、自分の高校が指定校になっていると受験できる推薦入試です。

 なので、自分の高校がその大学の指定校になっていなければ受験はできないと言うことになります。

 指定校推薦の場合、受験するとほぼ間違いなく合格できますが、高校内の倍率が高く、同じ大学の学部を受ける人が何人かいると、成績などがいい人から選ばれます。

 公募制推薦の場合、高校の推薦基準と大学の出願条件を満たしていれば、誰でも受験することが可能なため、倍率が高く、合格するのは簡単ではないと思います。

AO入試

 AO入試とは、アドミッションズ・オフィス入試の略で、出願者の人物像を学校側の求める学生と照らし合わせ合否を決めるテストになります。推薦入試とは違い、高校からの推薦状は必要なく、大学に入りたいという気持ちが求められます。

 入試内容は、書類選考や面接を経て、受験生の個性や能力、目標などが評価されます。

 ほぼ全ての私立大学では、AO入試を行なっており、大学側の求める学生を選抜しています。

 国公立大学でもAO入試を行なっており、センター試験の受験が必要であることが多いです。二次試験を受験する必要はありませんが、センター試験の勉強する必要があります。

国公立大学入試制度

 国立大学を受験するには、毎年1月の中旬ごろに行われるセンター試験(2020年度から大学入学共通試験)という試験を受ける必要があります。

 センター試験は、国立大学を受験する人は必須の試験で、AO入試を受ける方も必要です。出願は9月の下旬〜10月の上旬となります。

 高校に在学している人は、個人で出願するのではなく、学校全体で一緒に申し込みをするので、高校の先生からの連絡を待ちましょう。

 ちなみに、学校全体で申し込むため受験会場は、学校近くの大学などになり、試験会場に友達が沢山いるため、あまり緊張感が無い感じがあります。

 受験後は自分で自己採点して、その点数でどこの大学を受験するかを決めます。大学によって一次試験と二次試験の点数配分が違うため、自分で調べて置く必要もあります。

 そのため、センター試験が、多少悪くても二次試験の配分が高い大学なら、まだ合格する可能性が残っていますので、センター試験が悪くても、諦めないで勉強してほしいと思います。


 国立大学を受験する場合、どの学部も5教科7科目になっていて、文系学部だと英語、国語、数学、地歴公民2科目、理科1科目。理系学部だと英語、国語、数学、理科2科目、地歴公民1科目になっています。


 出願する前までには、自分の受験する大学のセンター試験の科目を調べておきましょう。中には、政治経済、現代社会、倫理、社会科目A、理科基礎2科目では受験ができない可能性があるので、しっかりチェックしておきましょう。


 特に国公立大学医学部や旧帝国大学(東大や京大など)は、理科基礎や地歴A 政治経済と倫理単独の受験はできないことの方が多いです。


 大学受験パスナビという旺文社さんのサイトで自分の志望する大学の受験科目を見ることができます。下のボタンからサイトに飛ぶことができます。

国立大学一般入試

 国立大学の場合、基本的にどの大学も大学入学共通試験の後〜2月上旬に出願します。

 国立大学では、前期試験と後期試験があります。前期試験は2月下旬の土・日曜日に試験があり、後期試験は3月の中旬あたりに試験があります。

 また、二次試験はどの大学も同じ日に受験があるため併願することはできません。

 第一志望大学を前期試験で受け、第二志望大学を後期試験で受験するというのが主流です。

 ただし、前期日程で合格し入学手続きをすると、中期日程(一部の公立大学)、後期日程を受験しても合格できない仕組みになっています。

 現役高校生の場合、学校の先生が申し込みの方法とかを教えてくれることが多いので、あまり心配しなくてもいいと思います。


 前期日程はどの学部も2〜3科目で筆記試験が一般的です。
 

 文系学部では、英語、国語、数学や地歴公民など他1科目

 理系学部では、英語、数学、理科1科目

 医学部では、英語、数学、理科2科目、稀に国語(現代文のみなど)が多いです。

 後期日程では、科目数が少なかったり、総合問題(英語、数学、国語の融合問題)、小論文、面接試験が多いです。

公立大学一般入試

 公立大学の場合、公立大学中期日程試験や別日程試験を実施している大学も多いです。そのため国立大学の前期日程試験と後期日程試験の併願が可能です。

 中期日程試験の出願期間は前期日程と同じ、センター試験後〜2月上旬になっています。

 公立大学の中期日程試験は大体3月8日以降に試験があります。前期日程試験を合格して入学手続きをすませると、中期日程試験を受けることができないため、前期日程試験の合格発表後に試験が実施されるようになっています。

国公立大学推薦入試

 最近、東京大学でも推薦入試実施されており、今では国公立大学の9割が推薦入試を行なっているそうです。国公立大学の推薦入試は、センター試験を受ける必要がある大学がほとんどです。

 6月頃から各大学から選抜要項が発表されて、9月〜11月頃に出願し入試を実施します。合否の発表は、センター試験の得点も入るため、センター試験後に発表されることが多いです。


推薦入試には、『指定校推薦』と『公募制推薦』の2つがあります。


 国立大学の場合、指定校推薦は行なっていなく、一部の公立大学では指定校推薦を行なっている大学もあります。

 公募制推薦では、大学が示す一定の評定を満たしている人ならば誰でも出願可能です。


さらに、公募推薦には公募制一般入試と公募制特別入試があります。


 公募制一般推薦入試は、成績基準であることがほとんどで、募集人数募集人数が多く、一定の評定を満たしていれば誰でも受験できます。

 公募制特別推薦入試は、部活動などで優れた成績を収めた人や委員会活動、課外活動などに積極的に取り組んだ人が受けられる推薦入試で高校からの推薦状が必須です。


重要なのは国公立大学の推薦入試は専願制で、併願は不可能で合格したら必ず入学しなければなりません。


試験は、センター試験の他に、書類審査、小論文、面接試験などがあります。


国公立大学AO入試

 国立大学のAO入試の願書受付は毎年8月1日以降になっていると思います(変更される可能性あり)。夏休みの時期に国立大学は試験を実施するところが多いです。


入試の方法としては、『対話重視型』と『書類・論文重視型』があります。


 対話重視型は、『エントリー』と呼ばれる登録を行い、その後面接を重ねていくというかなり長期戦な入試です。

 書類・論文重視型は、出願するときに、小論文やエッセイなどを提出し、この他に学校の調査書や志望理由書などの書類審査を含め第一次先選考が行われます。

 一次選考を通過した人に対して、面接や小論文といったテストを行い合否を決めるという入試です。

 AO入試は、学校の推薦は不要で、学業成績基準も設けないことが多いですが、近年学力試験を実施し、学力面での基準も設けられるようになりました。

 また、国立大学のAO入試の場合、センター試験を受ける必要があります(例外あり)。

 とはいえ、AO入試では、その大学に入りたいという意欲や熱意を大学にアピールすることが大事です。


私立大学入試制度

一般入試

 私立大学一般入試はセンター試験後〜2月中旬頃に行われています。受験者数が多いG-MARCHや早慶上智などは2月の上旬あたりに試験が多いです。

 私立大学一般入試は、日程さえ被らなければ何校でも受験できます。たくさん受ければ合格する確率も上がると思いますが、私立大学の受験料は安くないので、両親や学校の先生と相談して出願しましょう。


 私立大学の一般入試は、3教科が基本です。
 

 文系学部の場合、英語は必須で国語、数学(Ⅰ・A、Ⅱ・B)、地歴公民の中から2教科選択
 

 または、英語、国語は必須で数学と地歴公民の中から1教科選択するというのが多いです。
 

 理系学部の場合、英語、数学、理科1科目というの基本です。
 

 医学部の場合、英語、数学、理科2科目(化学、生物、物理の中から2つ選択)、小論文(一次試験合格した場合、採点されるが、一次試験のときに試験がある)

センター試験利用入試

 私立大学の場合、センター試験を利用した受験方法もあります。

 近年、センター試験利用入試を実施している大学が急激に増え、国立大学志望の人だけでなく、私立大学志望の人もセンター試験を受験するようになりました。

 そのため今は、受験生のほとんどはセンター試験を受験しています。

 また、国立大学志望の方もセンター利用入試を受けることによって、各大学の対策をしなくて済むため、負担が軽減するなどのメリットがあります。

 センター利用入試の良い点は、

 

 センター試験を受験するだけで、大学独自のテストを受けることなく合否が出る

 

 一般入試よりも受験料が安い

 

 などがあります。

 逆によくない点は、

 

 募集人数が少ない

 

 高得点を取らないと合格できない

 

 などの点が挙げられます。[/jin-iconbox14]

私立大学推薦入試

 私立大学の約4割の人は推薦入試で合格して、今や一般入試と同じぐらいメジャーな入試になっています。


私立大学の推薦入試には主に『指定校推薦』と『公募制推薦』があります。


 指定校推薦とは、大学側が指定した高校の生徒にのみ出願資格があり、現役生で専願に限られます。

 枠が少ないので、希望者が多い場合は校内選考があり、成績や部活動、生徒会活動などによって決められます。

 そのため受験資格を得れば、ほぼ間違いなく合格できるといっても良いでしょう。

 公募制推薦とは、国立大学とほぼほぼ同じなのでそちらをご覧ください。

私立大学AO入試

 私立大学のAO入試も国立大学のAO入試と同じで8月1日以降から出願受付を始めています。

 国立大学と違うところは、センター試験を必要としていないところです(例外もあるかもしれません)

 それ以外のところは国立大学と大体同じなのでそちらをご覧ください。

大学校入試制度

 大学校の入試は、大学ごとに大幅に違うのと著作権の関係でここには書けません。なので自分自身で調べて欲しいと思います。

 ですが、みなさんがよく知っている大学校の1つである防衛大学校は、私立大学の入試とほとんど変わりません。しかも受験料が無料で11月が受験日のため、実力試しで受けてみるのもいいと思います。

 

最後に

 今回は、大学入試の仕組みについてざっくり紹介しました。大学入試には色々な形式があります。受験生にはたくさんの選択肢があります。

 ぜひ早いうちから自分が行きたい大学についていろいろ調べてみてください。

 また、2019年度でセンター試験が終わり、来年度(2020年度)から大学入試は大きく変わります。

 センター試験を廃止し、新たに大学入学共通試験という名に変わります。少しだけ記述試験が導入されたり、試験時間が少し長くなったりするなど、大幅に変更されます。

 上記のことから、受験というのは、毎年少しずつ変わるものです。今回の記事とは違くなったりすることが多いと思います。

 自分も随時、記事のミスや入試情報を更新して行きますが、色々なところから自分で情報を集めてみてほしいと思います。

 下に、各大学の受験科目などがわかるサイトを貼っておくので、ぜひクリックしてみてください。

 

 読んでくださったみなさんが、志望する大学に受かることを願っています。頑張ってください。

ABOUT ME
ゆうまる
ゆうまる
高校生の時に、色々な方や本から学んだ勉強方をみなさんに余すところなく紹介したいと思います。