勉強法

大学受験 受験科目の数学について


 大学受験の中でも英語を除いて、文系学部、理系学部問わず使うかもしれない教科である数学。

 理系学部志望の方は当然必須ですが、文系学部志望の方も、数学が必須である大学があったり、選択科目として『数学』という科目をほとんどの大学や学部で選択できたりします。

 さらにいうと、文系大学の入学試験の数学は、国語の試験より易しいことが多く、得点源になることが多いです。

つまり、数学は、大学受験の中でとても大切な教科だということです。

 なので、今回は、数学という教科をどの大学や学部に必要なのかを詳しく紹介したいと思います。

初めに

 

まず、みなさんが、文系か理系かで数学を勉強する範囲が変わります。

 数学にはⅠ・A、Ⅱ・B、Ⅲという範囲があります。

 文系の学部を受験する方は、どの大学を志望しようが、数学Ⅲがあることはありません。

 ですが、文系大学である一橋大学には、国公立大学独自試験(以降二次試験と呼ぶ)の受験科目に数学がありますが、数学Ⅲの知識があると解きやすい問題が、毎年いくつか出題されているそうです。

 また、理系の場合、私立大学しか受験しないのか。、国公立大学も受験するかで、数学Ⅲが必要か不要かに分かれます。

理系学部の場合、同じ学部だとしても私立大学志望の方と国公立大学志望の方で数学Ⅲが必要か不必要かで分かれると思います。


 そのため、大学を受験しようと考えたらまず先に、自分の行きたい大学、学部を調べ、受験科目を調べる必要があります。

 最近では、センター試験利用入試をどこの大学でも実施しており、私立大学を志望する方は、センター試験利用入試で出願する大学のセンター利用入試の受験科目も調べる必要があります。

同じ大学の学部でも受験科目が違うこともあるので、早めに調べましょう。

 国公立大学に関しては、文系理系問わずセンター試験で数学を受験しなければならず、文系大学でも数学が必要な大学があります(特に旧帝国大学など)。

 理系の場合、数学は、受ける学部によって数学Ⅲを必要か、不要かで勉強法はガラッと変わります。

 ですが、国公立大学はどの学部もほとんど数Ⅲが必須です。しかし、併願先の私立大学の同じ学部でも数学Ⅲが不要の場合もあります。

 私立大学のみ受験する人は、数Ⅲが必要では無い場合は、数学Ⅲほとんど勉強しないため、上位の大学(理系)だと、なかなかの高得点争いになることもあります。

 意外に数学Ⅲを中心に勉強していると数学Ⅲと数学Ⅰ・A、Ⅱ・Bと交わらない範囲に関しては弱い傾向があると思います。(特に現役生)(*自分の経験談と周りの人の印象)

 さて前置きが長くなってしまいましたが、理系の皆さんは、自分の志望大学の受験科目に数Ⅲが必要か不必要か、受験勉強を始める前に調べる必要があります。


下の方に、各大学の受験科目を調べられるサイトのURLを貼っておきましたので、そこをクリックしてみてください。

 自分の志望大学の受験科目を調べることは、本当に大事なことです。現役生は特に時間がないため、できる限り無駄な科目は省きたいものです。

 ですが、自分の意見として、数学Ⅲの極限、関数、微分積分の基礎程度は、数学Ⅲが必要ではない理系学部を受ける方も勉強することをお勧めします。

 では、国立大学、私立大学別に数学が必要な学部、大学などをざっくり紹介します。

数学が必須の大学・学部

 

 大まかに数学が必須の大学・学部を紹介します。

 数学を受験科目に選択すると良い大学もあるので、その点も紹介します。

 理系学部については、数学Ⅲが必須の大学・学部、不要な大学・学部を教えたいと思います。

私立大学

 私立大学の場合、理系の学部でも数学Ⅲが必要ではない学部が多いです。

 国公立大学を受験する場合、国立大学の学部には数学Ⅲが受験科目にあるのに、私立大学の同学部には、数学Ⅲが受験科目に無いことの方が多いです。

 なので、国公立大学の理系学部を受験して、併願校に同学部を受験すると私立大学単願の人の方が、数学Ⅲを学習をしていないと思うので、なかなか、厳しい戦いになります。

文系学部

 文系学部の場合、選択科目として、数学を選ぶことができます。

 なので、必須では無い大学の方が多いですが、経済学部や、早慶上智やG-MARCHといった難関大学では、学部によっては数学(数学Ⅰ・A、Ⅱ・B)が必須の学部もあります。

 私立大学文系学部の数学は、典型問題が多く、基礎力があれば、合格点が取れると思います。

 どの大学も英語は、必須科目、国語、数学、地歴公民から2科目選択することが多いイメージです。

 その場合、国語は、難しいことが多く、取れる点数が安定しにくいです。そのため、安定した点数を取るオススメ科目は、数学と地歴公民科目だと自分は思います。

理系学部

 私立大学の場合、学部によって数学Ⅲが必要か、不要かが決まります(もちろん例外あり)

 なので、自分の志望校の受験科目をしっかり確認しましょう。

 数Ⅲが必要な学部:理工学部、工学部(例外あり)、医学部など
 

 数Ⅲが必要ない学部: 歯学部、医学部以外の医療系学部(看護学部、薬学部など)理学部、農学部など

国公立大学

 文系理系問わず、国公立大学は、センター試験で数学を受験しなければなりません。まれにⅠ・Aのみでもいい場合があります。

 ですが、国公立大学の受験を考えているならばしっかり数学Ⅱ・Bの対策をしましょう。

 2020年度から大学入学共通テストに変わりますが、数学が必要なことには変わりません。むしろ、記述力も問われるようになります。

文系

 私立大学でも二次試験に数学が必要な大学があります(東大、一橋など)。

 また、一橋大学などは数学Ⅲの知識があると解きやすい問題があるそうなので、数Ⅲ勉強しておいた方がいいと思います。

 また、記述式試験なので、普段の学習から途中式を簡潔にまとめる練習をしましょう。

理系

 国公立大学の理系学部は、ほとんどの大学で、数学Ⅲが必要になります。

 先ほども書きましたが、国公立大学を受験する人は、私立大学を受験する際は、数学Ⅲが不要な人たちと勝負しなければならいので、私立大学を受験する方よりも数学を勉強しなければなりません。

 下に数学Ⅲが必要な大学をまとめたので、見てみてください。

 私立大学とは異なり数Ⅲが必要な学部が増えます。

 数Ⅲが必要な学部
 

 ほぼ全部の学部にあります。難関国公立大学は、どの学部にもほとんど数Ⅲが必要です。まれに看護学部や、医学部以外の医療系学部にない大学があるぐらいだと思います。

 当然ながら、上記の例外の大学、学部もあります。自分の行きたい大学の過去の試験科目を一度見てはいかがでしょうか。下のサイトから確認できるので是非見て見てください。

最後に

 ざっくり説明しましたが、学校によって例外も多いのが、大学受験なので、口すっぱく言いますが、なるべく早く自分の志望する大学の受験科目を自分自身で調べて欲しいなと思います。

 みなさんが志望する大学に合格できることを願っています。頑張ってください。

ABOUT ME
ゆうまる
ゆうまる
高校生の時に、色々な方や本から学んだ勉強方をみなさんに余すところなく紹介したいと思います。